スポーツブル(スポブル)

スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

「必ずやり返す」 呉の背番号1、野球ノートに記す夏への課題

2022年5月1日09時30分

朝日新聞DIGITAL

 〈4月30日、春季広島県高校野球大会準決勝、広陵13―8呉〉

 「よっしゃ!」。六回表、呉の倉中利都投手(3年)からガッツポーズが出た。インコースの直球がねらい通りに決まり、広陵の3番、真鍋慧君(2年)から三振を奪った。

 昨年の夏から背番号10でベンチ入り。思うような投球ができないとき、文字で書くといいよと先輩に言われ、「野球ノート」を付け始めた。「ひざを使って投げる」「リリースが早い」「球が抜けている」……。投球を振り返り、監督の言葉を書いていくうち、「自分の中に落とし込んで整理できるようになった」。

 大きな課題が見つかったのは、昨年11月の広陵との練習試合だ。甘く入った変化球を3点本塁打にされ、サヨナラ負けした。「自分の投球が通用しない。コースを投げ分けないと」。ノートにこう記し、打者を置いた試合形式の練習を重ねて技術を磨いた。

 背番号1を任され、再び広陵との一戦に臨んだこの日は、四回途中から登板した。緩急をつけた投球で強力打線をおさえていたが、七回表につかまった。「変化球の質が課題。ここから仕切り直して必ずやり返す」。夏への新たな課題を見つけ、表情を引き締めた。

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ