スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

鳴門が準決勝進出、徳島商は延長で敗れる 四国高校野球春季大会

2022年4月24日09時00分

朝日新聞DIGITAL

 【徳島】第75回春季四国地区高校野球大会が23日開幕し、徳島市のむつみスタジアムと徳島県阿南市のJAアグリあなんスタジアムの両球場で1回戦4試合があった。高松商(香川2位)、明徳義塾(高知1位)、鳴門(徳島1位)、英明(香川1位)が初戦突破。24日の準決勝で、高松商と鳴門、明徳義塾と英明が、むつみスタジアムで対戦する。

 鳴門3―0高知

 鳴門が一回、連続四球と犠打で2死二、三塁の好機を作り、藤中の適時打で2点先制。四回も藤中の二塁打から3連打で1点を加えた。エース冨田は10奪三振の完封。高知は六回以降、先頭打者が安打や二塁打で三度出塁したが、いずれも後続を断たれた。

 英明3―2徳島商

 英明が土壇場で勝負強さを見せた。九回2死二塁、敵失の間に石原が生還して同点。十回は仁木が二塁打で好機を作り、池本の適時打で勝ち越した。寒川は10奪三振で10回を投げ抜いた。徳島商は七、十回以外は毎回走者を出したが、9残塁と決め手を欠いた。(吉田博行)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ