スポーツブル(スポブル)

スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

九州地区高校野球宮崎県予選 宮崎学園が34季ぶり3回目の優勝

2022年4月5日09時00分

朝日新聞DIGITAL

 第150回九州地区高校野球大会宮崎県予選の決勝と3位決定戦が4日、宮崎市のひなたサンマリンスタジアム宮崎であった。宮崎学園が小林西を3―2で破って34季ぶり3回目の優勝を果たした。3位決定戦は日章学園が聖心ウルスラを7―3で下した。宮崎学園、小林西、日章学園は23日から宮崎市で開かれる九州大会に出場する。

     ◇

 宮崎学園は2点を追う五回、斎藤の二塁打などで同点に追いつき、八回に浦田の適時打などで勝ち越した。先発浦田は変化球主体に二回以降は無失点で完投。小林西は初回、岩根、仲田の連打などで2点を先取。八回の1死二、三塁の好機に後続を断たれた。

     ◇

 日章学園は二回、打線がつながり、坂元、浜砂、野口の適時打などで5点を先制。四回にも高橋の適時打で1点を加えた。八回にも村上、大谷の連打などで1点を加えた。聖心ウルスラは八回、山崎の適時三塁打と敵失などで3点をかえす意地を見せた。

     ◇

 宮崎学園・崎田忠寛監督の話 先に点を取られても粘り強く戦い、競った試合展開に持ち込んでしっかりと逆転ができた。大会で成長した先発浦田が2点に抑えてくれたのも大きかった。九州大会では強豪と対戦できる。いい経験をして夏につなげたい。

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ