スポーツブル(スポブル)

スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

市和歌山、サヨナラ勝ちで8強進出

2022年3月28日10時00分 朝日新聞デジタル

 第94回選抜高校野球大会第8日の27日、市和歌山は2回戦で明秀日立(茨城)と対戦し、息詰まる投手戦の末に2―1でサヨナラ勝ちした。力投したエース米田天翼(つばさ)投手(3年)が、自らのバットで試合を決めた。準々決勝は28日の第4試合(午後4時)で、大阪桐蔭と戦う。

     ◇

 この選抜が公式戦デビューとなった「新米バッテリー」が守りきった。

 この日の相手も、1回戦の花巻東(岩手)に続き、強打のチーム。捕手の松村祥吾主将(3年)は、直球で押した花巻東戦とは作戦を変えた。「相手は直球を狙ってくる。変化球で芯を外していこう」。走者を出しながら粘る米田天翼投手(3年)をしっかりリードした。

 松村主将は昨年11月、遊撃手から捕手にコンバートされた。小学生以来で、同級生や後輩に教わり、この数カ月間、急いで基本の動きを学んできた。苦労したのは、球を後ろにそらさない「ストッピング」。しっかり前に落とさなければ、走者が進塁してしまうからだ。

 捕手になって、試合中の景色が変わった。野手のみんなは自分がグラブを動かすと、それに合わせて守る場所を変えてくれる。「頼もしいやつらだと思った」。一方で、いつも冷静だと思っていた米田投手は、焦っているときは少し顔が険しくなるとわかった。

 だからこの日も、何度もマウンドへ駆け寄り、米田投手に「自分を信じて投げろ」と声をかけた。

 1―1で迎えた九回2死二、三塁のピンチ、米田投手が投げた1球目はワンバウンドしたが、松村主将はしっかり体で受け止め、三塁走者を走らせなかった。

 その裏、米田投手の二塁打でサヨナラ勝ち。「やっぱり米田はもってるなって」。陰のヒーローはうれしそうだった。(国方萌乃)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ