スポーツブル(スポブル)

スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

高知の主将は気配りの人 「お前しかおらんやろ」に後押しされた1打

2022年3月26日13時12分

朝日新聞DIGITAL

 高知は大会第7日の25日、2回戦第3試合で国学院久我山(東京)と対戦し、3―6で敗れた。9年ぶりの8強進出はならなかった。

     ◇

 2点を追う二回2死一塁、甲子園でまだヒットのない谷崎陽主将(3年)に打席が回った。「チームに勢いをつけたい」と積極的な打撃を心がけた。

 マウンドの相手左腕は伸びのある直球が武器の好投手。味方打線は序盤から直球で三振を奪われていた。

 1球目のスライダーを空振りした直後の2球目。真ん中低めの直球を振り抜くと、打球は勢いよく中前に飛んだ。一塁を駆け抜け、ベンチを振り返ると、チームメートが手をたたいて祝福してくれていた。

 気配りの主将だ。昨秋の四国大会後、ベンチ入りを果たせなかった同学年の部員にLINEでメッセージを送った。「サポートしてくれてありがとう」「メンバー入り、諦めるなよ」。一人一人に対し、文章に熱い思いを込めた。目指すのは「全員野球」だからだ。

 冬を越えて迎えた選抜大会。東洋大姫路(兵庫)との初戦は、8、9番が連打で先制点につなげるなど、下位打線が奮起した。その一方、7番打者の谷崎君は無安打2三振と出遅れた。

 「不調が続く自分が2回戦も出ていいのか」。そんな迷いを、今度は「自分たちの番」とばかりに、仲間から「お前しかおらんやろ」と励まされた。甲子園で安打は1本だったが、仲間の後押しが力になった。

 谷崎君は試合に敗れた後、ベンチ前で相手の校歌を聞きながら、目に焼き付けるように球場を見渡していた。「悔しさよりも楽しさが大きかった。夏、ここにもう一度戻ってきたい」(堅島敢太郎)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ