スポーツブル(スポブル)

スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

聖光学院監督「佐山の我慢強い投球に期待」 近江戦へ意気込み

2022年3月25日08時00分

朝日新聞DIGITAL

 【福島】第94回選抜高校野球大会(日本高校野球連盟、毎日新聞社主催、朝日新聞社後援)に4年ぶり6回目の出場の聖光学院は、2013年大会以来のベスト8進出を目指し、25日の第1試合(午前9時開始予定)で近江(滋賀)との2回戦に挑む。聖光学院と近江の対戦は14年夏以来。この時は聖光学院が九回にスクイズを決め、サヨナラ勝ちした。試合を前に両校の監督に相手チームの印象や意気込みを聞き、紙上対談の形で紹介する。

 ――初戦を振り返って

 聖光学院・斎藤智也監督 予想以上に相手投手を打ってくれて、やりたい試合ができた。佐山も球数が少なく、よく投げてくれた。

 近江・多賀章仁監督 なんと言っても山田の完投。練習でも100球を投げていなかった。よく辛抱した。九回の2点は、このチームの底力を感じた。

 ――今のチーム状態は?

 斎藤 打者陣は前の試合でしっかり打ってくれて、練習でもよくバットを振れている。次の試合でもこれくらい打ってほしい。

 多賀 出場が決まったのも開幕予定日の前日。初戦が劇的な勝ち方で彼らの結束を固めた。いいスタートが切れたので、流れをつなぎたい。

 ――相手校の印象は

 斎藤 (エースの)山田君は直球と左打者へのスプリット、右打者へのスライダーが良い。展開によって配球も変えることができる。打線も左打者が多く、センスのある打者が多い。

 多賀 投手の佐山君は、多彩な変化球がある。左打者へのツーシームが特徴的で、捕手の山浅君もよく特徴を引き出している。強振せず、引きつけてセンターに打ち返す打撃をしたい。

 ――自チームで鍵を握る選手は

 斎藤 佐山がどこまで我慢強い投球をできるか。緩急を使う投球を期待したい。打線では赤堀、三好、山浅、安田が振れている。

 多賀 山田の前後を打つ中瀬、津田、岡崎、川元。特に津田は足もあり、期待している。

 ――理想の試合展開は

 斎藤 山田君から点を取るのは難しいが、4、5点を取りたい。

 多賀 山田が3点以内には抑えてくれると思うので、5点取る展開が理想。終盤勝負に持ち込めれば。

 ――2回戦の意気込みを

 斎藤 今年のチームは精神的に非常にタフだ。1回戦の勢いを維持しながら、選手には明るくハツラツとプレーしてほしい。

 多賀 先のことは考えずに、この一戦に魂を込めて戦いたい。1回戦のあと、多くの方に「感動した」と激励の言葉をもらった。選手がどんなドラマを見せてくれるのかという気持ちでいる。(聞き手・構成 滝口信之、安藤仙一朗)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ