スポーツブル(スポブル)

スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

センバツで審判が誤審認め謝罪「大変申し訳ありません」 判定覆る

2022年3月20日11時54分

朝日新聞DIGITAL

 第94回選抜高校野球大会第2日の20日、第1試合の1回戦・敦賀気比(福井)―広陵(広島)戦で審判が判定ミスを認め、謝罪するという極めて珍しい場面があった。

 四回の広陵の攻撃。無死一塁から大山陽生(はるき)が犠打を試みると、打球は一塁線上へ。打球はファウルゾーンに出るか出ないかの位置で微妙にバウンドをかえつつ、最終的にフェアゾーンに転がって止まった。

 ボールは一塁に転送されて打者走者はアウトに。一、二塁間で挟まれた一塁走者もタッチアウトとなった。

 バントの打球に対して二塁塁審がファウルのジェスチャーをしており、審判団が集まって協議した。その後、尾崎泰輔球審がマイクを持ち、場内に説明を行った。

 尾崎球審は、「二塁塁審が誤ってファウルのジェスチャーをして(一塁)ランナーを止めてしまいました。私たちの間違いでした」とミスを認めた上で、「1アウト二塁で再開します。たいへん申し訳ありません」と謝罪した。

 結果は犠打となり、プレーは、1死二塁で再開した。尾崎球審が潔く謝罪する光景に、場内はざわついた。

《尾崎球審のアナウンスは以下の通り》

 ただいまのプレーについてご説明いたします。打球が、イレギュラーバウンドでフェア地域に転がり、フェアの判定をいたしました。

 しかしながら、二塁の塁審がそれを誤ってファウルのジェスチャーをして、ランナーを止めてしまいました。

 守備は捕った打球で打者走者を一塁でアウトにしようという守備行為でしたので、私たちの間違いでして、止めたランナーへの守備行為がなかったので二塁へ進めて、1アウト二塁で再開いたします。

 大変申し訳ありません。

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ