スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

選抜に挑む天理の18人 初戦は22日に

2022年3月19日10時00分

朝日新聞DIGITAL

 【奈良】阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)で18日開幕予定だった第94回選抜高校野球大会の開会式を含む初日の日程は、雨天のため19日に順延となった。開会式は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、この日試合がある6校だけが参加する。順延に伴い、天理は22日の第2試合(午前11時半開始予定)で星稜(石川)と対戦する。

 天理は春夏通算4度目の甲子園制覇に挑む。そのベンチ入り選手18人を紹介する。(丸囲み数字は背番号、学年は新学年。左右は投・打の順で、カッコ内は出身中学)

     ◇

①南沢佑音(ゆうと) 3年 188センチ、94キロ。右左。昨秋の県予選途中から球速を追うのをやめて腕を下げ、制球が安定。「チームを優勝に導きます」(大阪・門真はすはな)

 ②山村侑大 3年 177センチ、81キロ。右左。昨秋の公式戦7試合で8打点と打撃が好調。「ピッチャーや野手を安心させるキャッチャーになりたいです」(三郷)

 ③原叶大(かなた) 3年 167センチ、70キロ。右左。広角に飛ばせるバッティングが持ち味。「全員で繫(つな)ぐ野球をして、日本一をとりたいです」(大阪・墨江丘)

 ④藤森康淳(こうじゅん) 3年 171センチ、69キロ。右左。昨秋の公式戦8試合で8盗塁。「自慢の走力でチームの力になって、てっぺんをとります」(大阪・藤井寺第三)

 ⑤内藤大翔(やまと) 3年 176センチ、84キロ。右右。昨秋の公式戦8試合でチーム最多の10打点。「去年のセンバツの悔しさを晴らすため、頑張ります」(生駒南)

 ⑥戸井零士 3年 180センチ、85キロ。右右。中学時代に日本代表を経験。背中でチームを引っ張る主将。「支えて下さった方々に感謝と喜びを伝えたい」(大阪・松原第三)

 ⑦永井大飛(やまと) 3年 168センチ、72キロ。右左。食べて食べてつくりあげた体から、思い切りのいいスイング。「選抜に出るレフトの中で一番いい結果を出す」(式下)

 ⑧大城志琉 3年 168センチ、76キロ。左左。昨秋の県予選3位決定戦でダメ押しの一発。冬は打率アップを目標にしてきた。好きな言葉は「一歩ずつ一歩ずつ」。(香芝)

 ⑨重舛春樹 3年 173センチ、65キロ。右右。送球時の回転数を増やして、伸びのある球にした。「自分たちらしく繫(つな)ぐ野球をして一手一つで勝ちます!」(大阪・松原)

 ⑩大川昌紀 3年 166センチ、74キロ。右右。中学時代のチームメートだった垣淵祥太朗(星稜)との対戦が実現。「全員が一手一つで日本一を目指します」(平城)

 ⑪中川輝星(てっせい) 2年 171センチ、68キロ。左左。テンポのいい投球が持ち味。好きな言葉は「夢追う男の物語」。「優勝して家族やスタッフ、マネジャーに恩返しがしたいです」(京西)

 ⑫赤埴(あかはに)克樹 2年 174センチ、73キロ。右右。捕手も遊撃手もできる。父の智博さんも天理で選抜大会に出た。「守備力と走力の向上に取り組んできました」(大阪・今津)

 ⑬川端亮希 3年 177センチ、86キロ。右左。左の代打の切り札として期待を受ける。「自分の持っている力を出して、フルスイングしたい」(大阪・藤井寺第三)

 ⑭中村律貴 3年 170センチ、70キロ。右右。この冬は体を大きくすることに力を入れてきた。「全力を尽くし、優勝を目指して頑張ります」(三笠)

 ⑮村上洸星 2年 179センチ、71キロ。右右。最速141キロの直球が持ち味。「1球の緊張感」を大切にしている。「全力で頑張ります」(大阪・茨田北)

 ⑯角田遥貴 3年 180センチ、71キロ。右右。この冬を通じて堅実な守備力を求めてきた。「一戦一戦全力で戦い、一戦必勝で日本一をとる」(大阪・摂津第五)

 ⑰上田莞丸(いまる) 2年 172センチ、71キロ。右右。チームトップクラスの俊足外野手。まずは代走での出番を狙う。「チーム一丸となって優勝したいです」(大阪・志紀)

 ⑱嶋川雄大 2年 178センチ、75キロ。右右。力強いストレートで押す投球ができる。小学生のころは水泳の強化選手。「先輩の力になれたらいいなと思っています」(郡山南)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ