スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

広陵と敦賀気比、選抜大会2日目に対戦 両監督は互いの打力を警戒

2022年3月19日12時17分

朝日新聞DIGITAL

 18日に予定されていた第94回選抜高校野球大会の開会式と1回戦3試合が天候不良で中止になり、県勢の初戦も1日ずつ順延された。広陵は20日の第1試合、広島商は23日の第3試合に登場する。20日に対戦する広陵の中井哲之監督と敦賀気比(福井)の東哲平監督に、互いのチームの印象や意気込みなどを聞いた。

     ◇

 ――相手校の印象は

 中井 甲子園常連校で、強くバットを振ってくるイメージがある。1、2番の出塁率や俊足と、3、4番の長打力や勝負強さに注意していきたい。ある程度の失点は覚悟しながら、着実に点をとりたい。

 東 伝統校で、今年は打撃、攻撃力が抜けている感じがする。無駄な失点をしないのが一番だと思う。

 ――警戒する選手は

 中井 主将で投手、4番の上加世田頼希君がチームを引っ張っていくと想像する。昨年まで三塁手だったので牽制(けんせい)球もうまく、強い球を投げ、スライダーも良いだろう。

 東 真鍋慧君、内海優太君の前に走者をためないことだ。注目選手で長打もある。1番、5番の打者もいやらしいので、無駄な走者を出さないようにしたい。

 ――理想の試合展開は

 中井 先取点をとって、だめ押しして……というのが理想だが無理だろう。僅差(きんさ)の勝負になると思うので、粘り強く、つないで頑張りたい。

 東 接戦に持ち込み、最後に勝ちきりたい。何とか食らいついて、どんな形でも勝てればと思う。足も使っていきたい。

 ――今のチーム状態は

 中井 バットは振れるが、甲子園に出る投手は簡単に崩れないだろう。いらない失点をせず、相手のミスにつけ込めるような試合がしたい。監督が思っていた以上に生徒はどっしり構えている。子どもたちを信じて頑張るしかない。

 東 練習試合もなかなかこなせていない。キャンプが終わり、一番疲れている時期なので、ここからどう上げるかという段階だ。

 ――鍵を握る選手は

 中井 投手陣がどの程度おさえてくれるかが一番だと思う。森山や松林は調子がよい。自分たちを信じて思い切ってやってほしい。

 東 やはり投手。調子の良い投手でいくが、そこで試合を作ることが大事。短いイニングでも刻んで、何とか最少失点にしたい。

 ――初戦への意気込みを

 中井 どうしても校歌が歌いたい。学校がひとつになって頑張りたい。

 東 何とかしっかりと戦って、自分たちの展開に持っていき、最後に勝ちきれたらと思う。(松尾葉奈、柳川迅)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ