スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

木更津総合、初戦は山梨学院 選抜大会3日目第1試合

2022年3月5日10時30分

朝日新聞DIGITAL

 【千葉】18日に開幕する第94回選抜高校野球大会の組み合わせ抽選会が4日、オンラインで実施された。出場する木更津総合は、20日(大会3日目)の第1試合(午前9時試合開始)で、春夏14回目の甲子園出場となる山梨学院(山梨)との対戦が決まった。(上保晃平)

     ◇

 木更津総合の中西祐樹主将は、同校から抽選会に参加した。落ち着いた様子で画面越しに「17」の封筒を選んだ。「最初から決めていた。小学2年の時に初めてもらった背番号が17だったので」

 初戦の日程は大会3日目の第1試合となり、直後に山梨学院が対戦校となる札を引き当てた。相手が決まって笑みを浮かべた中西主将は、「同じ関東同士の対戦は予想外だった」。抽選会後には、「対戦校が決まって一層甲子園で野球ができる実感がわいた」と話した。

 2月にはコロナの影響で全体練習ができない期間もあった。中西主将は「せっかくつかんだ甲子園への切符を手放さないように」、チームで感染予防を徹底してきたという。入学直後に、2020年夏の全国選手権大会が中止になって悔しがる3年生の姿を見ただけに、「甲子園で野球ができることに感謝の気持ちがある」と話す。

 昨秋の関東大会で木更津総合はベスト4止まりだったが、対戦校の山梨学院は準優勝を果たしている。捕手でもある中西主将は、「変化球に逃げず、コースを突く攻めの配球をしたい」と意気込んだ。

 五島卓道監督は選抜までの練習について、「順調に仕上がっているので、けがに気をつけたい」。今大会のチームスローガンを「自信」としたことに触れ、「試合ができることに感謝して、のびのびとプレーしてほしい」と話した。

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ