スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

大分舞鶴 初戦は浦和学院 開幕試合 選抜高校野球

2022年3月5日09時30分

朝日新聞DIGITAL

 3月18日に開幕する第94回選抜高校野球大会の組み合わせ抽選会が4日あり、大分舞鶴は、開幕当日の第1試合で浦和学院(埼玉)と対戦することが決まった。試合開始は午前10時の予定。

 新型コロナウイルスの感染防止のため、抽選会は前回大会に続き、大阪市内の抽選会場と全32校をオンライン会議システム「Zoom」で結んで実施。各校の主将がシステムを通じて会場とやりとりしながら、くじを引いていった。

 大分舞鶴の甲斐京司朗主将は23番目。順番が回ってくると、大分市の大分県教育センター内に設置されたパソコンの画面に向かい、「20番でお願いします」と声をあげた。20番の袋に入っていた番号は「2」。開幕試合と決まった。その日に試合をする6校だけは開会式にも参加できる。

 抽選会後、甲斐主将は、浦和学院との対戦について「甲子園の常連校で強豪校。憧れの甲子園で、そういったチームと対戦できることを楽しみたい」。開幕試合となったことについては「一番最初の試合で緊張すると思うけど、舞鶴魂を見せつけて、感謝を忘れず、39人全員でがんばりたい」と力強く語った。

 地域の人たちからは「がんばって」とよく声をかけられるという。「そういった声にも応えるような試合をしたい」と話した。

 この日、河室聖司監督は学校で高校入試の準備中だった。組み合わせが決まったことを聞き、「本当にワクワクする。開会式に出られることも大変うれしく思う」。浦和学院については「都会の洗練された私学でしょうから、とても力のあるイメージ。全く情報を持っていないので、色々と仕入れて対策をしたい」と語った。

 そのうえで「思い切りぶつかるだけ。甲子園での指揮は初めてだが、生徒が萎縮しないように、気持ちよく試合に臨めるようにやっていきたい」と意気込んだ。(倉富竜太)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ