スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

京都国際、長崎日大と対戦 選抜高校野球大会

2022年3月5日10時00分

朝日新聞DIGITAL

 18日に開幕する第94回選抜高校野球大会の組み合わせ抽選会が4日、オンラインであった。2年連続2回目の出場の京都国際(東山区)は、大会第2日の19日、第2試合で、長崎日大(長崎)と対戦することが決まった。

 抽選は、出場する32校の主将が端末の画面越しに数字を選び、くじを引く仕組み。主将の辻井心(じん)君は、同校の小ホールから臨んだ。辻井君は「15」を選び、第2日の試合と分かると「結構いいところに入ったな」と笑顔に。その後、対戦校が長崎日大に決まると引き締まった表情で画面をまっすぐ見つめていた。

 選手らは練習前、グラウンドに集まり小牧憲継(のりつぐ)監督から「1回戦は長崎日大」と一報を聞いた。抽選会後、練習着に着替えた辻井君が戻り、「これから残りの期間しっかり気を引き締めて練習をしよう」と呼びかけると、部員は「ヨシ!」と声を張った。

 投打で活躍し、昨夏の甲子園4強入りに貢献したエース、森下瑠大(りゅうだい)君は「相手校の投手の自信のある球を狙っていきたい。投手としては0点に抑えて流れをつくり、打者としては厳しい球もはじき返したい」と意気込む。

 昨春に背番号1を背負った投手の平野順大君は「昨年よりも直球のスピードも上がり制球力も良くなった。成長をみていただけたら」と話す。勝負強い打撃を誇る岩内琉貴也君は「初回からどんどん仕掛けていきたい」。

 小牧監督は「まだまだ走攻守レベルアップしていきたいが、選手は一冬越えて力が付いたと思う。本番が楽しみ」と語った。(富永鈴香)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ