スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

県勢2校の対戦相手決まる 選抜高校野球

2022年3月5日11時00分

朝日新聞DIGITAL

 【福島】第94回選抜高校野球大会(日本高校野球連盟、毎日新聞社主催、朝日新聞社後援)の抽選会が4日、オンライン形式であった。4年ぶり6回目の出場の聖光学院は第2日第3試合(19日午後2時開始予定)で二松学舎大付(東京)と、21世紀枠で出場する只見は第4日第3試合(21日午後2時開始予定)で大垣日大(岐阜)と対戦することが決まった。

     ◇

 只見の吉津塁主将(3年)は7番目にくじを引いた。しかし、残り5校になっても対戦相手が決まらず、くじを引く度に「ここかな」と思いながら見ていた。大垣日大との対戦が決まると、長谷川清之監督と雑誌を読み、相手校の情報を調べたという。「相手も守備から攻撃のリズムを作るチーム。最少失点でしのぎ、少ないチャンスで得点したい」と意気込んだ。

 長谷川監督は大垣日大の印象について「エース左腕は直球に勢いがある。うちは左打者が主力なので、いかに攻略できるかがカギ」と話した。(滝口信之)

     ◇

 聖光学院の赤堀颯主将(3年)は全体の2番目にくじを引いた。5分後、二松学舎大付との対戦が決まり、予想以上に早い決定に笑みがこぼれた。その後の取材で昨夏の福島大会で敗れた先輩たちに触れ、「ベンチもスタンドも一体となって戦っていた。自分たちもそんなチームになって、選抜を戦う」と誓った。

 2019年夏以来に甲子園で指揮をとる斎藤智也監督は「久しぶりなので、フレッシュ感があると思う。絶対に勝つと肩ひじ張るよりも、自然体で選手らを思い切り動かしてやりたい」と意気込みを語った。(福地慶太郎)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ