スポーツブル(スポブル)

スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

選抜出場2校、対戦相手決定

2022年3月5日10時00分 朝日新聞デジタル

 【和歌山】18日に開幕する第94回選抜高校野球大会の組み合わせ抽選会が4日、オンラインで開かれた。和歌山東は第1日の第2試合(18日午後0時半開始予定)で倉敷工(岡山)と、市和歌山は第5日の第1試合(22日午前9時開始予定)で花巻東(岩手)と、対戦することが決まった。

     ◇

 初出場の和歌山東の此上平羅主将(3年)は高校の教室から映像をつなぎ、抽選会に臨んだ。

 引いたくじは、第1日だった。今大会は新型コロナウイルスの感染防止のため、開会式には第1日に試合をする6校だけが参加する。「初めての甲子園なので、入場行進もできるのは、記念になる」と笑顔を見せた。

 対戦する倉敷工については、「よく打つチームと聞いているが、くらいついていきたい。気持ちで相手を圧倒したい」。チームスローガンに掲げる「魂の野球」を見せるつもりだ。

 米原寿秀監督(47)は、「いろんな方が携わってきたチーム。その人たちの思いをもって、甲子園で一歩踏み出したい」と話した。(下地達也)

     ◇

 抽選会に参加した市和歌山の米田天翼(つばさ)・副主将(3年)が緊張した表情でくじを選んだ。その後、相手が花巻東に決まると、目を細めてくしゃっと笑った。「強い相手とやれると思うと楽しみで」と抽選会後の電話取材で語った。

 花巻東は、注目のホームランバッター・佐々木麟太郎選手(2年)ら強打のチーム。米田副主将は佐々木選手の名前を挙げ、「そういうバッターを抑える練習をしてきたので、抑えるイメージはできている」と自信を見せる。少ない失点でしのいで、ロースコアの展開に持ち込みたいという。

 半田真一監督(41)は電話取材に「甲子園といえば花巻東というぐらいの名門校。いい相手だとワクワクしています」と話した。(国方萌乃)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ