スポーツブル(スポブル)

スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

日大三島が選抜切符、38年ぶり2回目 聖隷クリストファーは届かず

2022年1月29日09時00分 朝日新聞デジタル

 【静岡】3月18日に開幕する第94回選抜高校野球大会(日本高校野球連盟、毎日新聞社主催、朝日新聞社後援)の出場校が28日に発表され、県内から昨秋の東海大会を制した日大三島が選ばれた。38年ぶり2回目の春の甲子園となる。東海大会準優勝の聖隷クリストファーは初出場を果たせなかった。

 「一生懸命がんばりましょう」。午後3時40分ごろ、選抜大会への出場決定を伝えられた日大三島の部員たちに、永田裕治監督が声をかけた。「はい!」。部員の大きくそろった返事が響いた。

 昨秋の東海大会では津商業(三重)、大垣日大(岐阜)を破り、決勝へ進出。聖隷クリストファーとの県勢対決は、エース松永陽登君の好投や勝負強い打撃で優勝を決めた。

 2020年春、兵庫・報徳学園を強豪に育てた永田監督が就任した。永田監督はチームの急成長に「高校生のパワーのすごさに改めて驚いた」。選手の力を合わせ、「『全員野球』で甲子園に挑む」と話す。

 主将の加藤大登君は「選抜出場が決まってほっとした」と笑顔。「切磋琢磨(せっさたくま)しながらやってきた。永田先生に教えられてきたことを甲子園で発揮したい」と意気込む。

 発表の日を心待ちにしてきた松永君は「一丸となって今日まで練習してきた。選ばれてうれしい」と言って喜んだ。校歌を甲子園に響かせることがチームの目標。「まずは一つ勝つ」と春を見据えた。(魚住あかり)

 ■吉報届かず 夏へ練習再開 聖隷クリストファー

 昨秋の東海大会で準優勝した聖隷クリストファーに吉報は届かなかった。野球部監督でもある上村敏正校長が待ち受けていた電話は鳴らず、県高野連関係者から補欠校になったことを知らされた。

 上村監督は選手たちが待つグラウンドに向かい、「残念だ。人生は思い通りにならないことがある。だけど、頑張ってやってきたことは変わらない」と告げた。弓達(ゆだて)寛之主将は「(補欠校という)結果は変わらない。今できることをやるしかない」と、夏に向けて前を向いた。コーチ陣のかけ声で、選手たちは早速グラウンドに散り、球を追った。(須田世紀)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ