スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

倉吉総合産、21世紀枠地区候補校「地域に感謝」

2021年12月21日09時30分 朝日新聞デジタル

 【鳥取】来春の第94回選抜高校野球大会「21世紀枠」の中国地区候補校に、県高野連が推薦していた倉吉総合産業(倉吉市)が選ばれ、同校で20日、表彰式があった。

 県勢が地区候補校になるのは2016年の倉吉東以来5年ぶり。来年1月28日に選考委員会があり、全国9地区の中から3校が選出される。倉吉総合産が選ばれれば、春夏を通じて初の甲子園出場となる。

 同校は03年に倉吉産業と倉吉工業が統合され創立。今秋の県大会で準優勝し、中国地区大会では優勝した広陵(広島)に敗れたが、最後まで粘り強いプレーを見せた。

 実績のほか、同校が地域の清掃ボランティアや子どもたちとの野球交流など学外の活動に積極的に取り組んでいることや、防球フェンスを手作りするなどの工夫が評価された。

 表彰式では、県高野連の田辺洋範会長が記念の盾を手渡した。安達楓真(ふうま)主将(2年)は「変わらずに日々の練習を続け、地域の方々に感謝しながら学校生活を送りたい」と意気込みを語った。定常弘顕監督は「身の引き締まる思いだ。野球を通じて取り組んできたことが評価されてうれしい。関わってくださった多くの方たちと一緒に喜びたい」と話した。(大久保直樹)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ