スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

1年生スラッガーが一発競演の準決勝 下級生の特権とは 高嶋仁の目

2021年11月23日17時20分 朝日新聞デジタル

 花巻東―広陵の準決勝は最後の最後までどちらが勝つか分からない、まるで智弁和歌山のような試合でした。放送席で見ているのに、自分がベンチにいるような錯覚に陥りました。

 広陵は七回に2点を失い、9―5と追い上げられましたが、その裏に引き離す好機をつくりました。ところが、1死満塁から投ゴロ併殺打で、生かすことができませんでした。

 【高校】▽準決勝          

花巻東(東北・岩手)     

   011001240―9 

   05121001×―10 

広 陵(中国・広島)     

 これは、直後の八回に花巻東が走者を1人出したら、どうなるかわからんなと感じました。点差はまだ4点ありますが、ちょっとしたことで試合の流れは変わります。ぼくがベンチにいたら、「何でもええから、塁に出ろ。そしたら、いけるで」と言うてたと思います。

 実際に、花巻東は1死から四球で走者を出しました。これでますます試合の流れは花巻東サイドに移ったように思います。犠飛と3点本塁打で、あっという間に同点になりました。

 ただ、一気にひっくり返すことができませんでした。あれだけ走者をためたので、追い越せたら勝敗は決していたようにも思います。追いつかれた広陵にも、追い越されなかった分だけチャンスが残りました。直後に再び勝ち越して逃げ切りました。

 手に汗握る攻防を演出したのは、両校の1年生スラッガーでした。

 まず広陵の4番・真鍋慧(けいた)君です。二回に3点本塁打を右翼ポール際に打ち込みました。内角の変化球に少し詰まりましたが、腰をしっかり回転させて捕らえたので、打球が切れませんでした。

 スイングが全体的にやや硬い印象はありますが、これから柔らかさも身につけていくでしょう。なにより身長189センチ、体重89キロという立派な体格から繰り出すパワーは魅力的です。

 対する花巻東の3番・佐々木麟太郎君も183センチ、117キロの巨体ですが、手首の柔らかさがあります。

 七回に左中間後方に運んだ適時二塁打は、低めの変化球を上手にひろって流し打ったものでした。一方、八回の同点3ランはボール気味の高め直球を豪快にひっぱたきました。高々と上がった打球でしたが、バットのヘッドが走っているから、思った以上に伸びました。1年生で高校通算49号というから恐ろしい選手です。

 1年生といえば、2人以外にも、九州国際大付の4番、佐倉俠史朗(きょうしろう)君も、大阪桐蔭との準決勝で右中間席に本塁打を放ちました。こちらも182センチ、104キロと文句なしの体格。高めに浮いた球を完璧に捕らえました。

 3人とも右投げ左打ちの一塁手。結果を恐れず、思い切ってプレーできるのも下級生の特権です。高校生として初めて迎える冬を過ごし、さらにパワーアップして選抜大会に集ってくるでしょう。やっぱり高校野球はええですね。今から春が待ち遠しくなってきます。(前・智弁和歌山監督)

新着ニュース

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ