スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

九州高校野球、九国大付がコールドで快勝 決勝進出

2021年11月12日09時00分 朝日新聞デジタル

 【福岡】第149回九州地区高校野球大会(九州地区高校野球連盟主催、朝日新聞社など後援)は11日、鹿児島市の平和リース球場で準決勝があり、九州国際大付(福岡1位)が長崎日大(長崎2位)に12―2と7回コールド勝ちを収め、春の大会に続き決勝進出を決めた。12日の決勝は、今大会注目左腕の大野稼頭央投手(2年)を擁する大島(鹿児島1位)と対戦する。

 11日の鹿児島地方は雨に見舞われ、試合中の中断も。九州国際大付の試合ではグラウンドがぬかるみ、走者や主審が転倒する場面があった。

 そんな中でも集中力を切らさず、一回から得点し、二回に3安打で2点、三回には4安打に犠打や四球を絡めて4点を挙げ、長崎日大を突き放した。

 圧巻は七回。1年生で4番打者の佐倉俠史朗選手が内角の直球をフルスイングし、右翼に満塁本塁打を放って試合を決めた。

 相手に内角を攻められ、2打席目は二ゴロ、3打席目は中堅手に捕球されアウトになったが、佐倉選手は「悪い当たりではなかったので、その後の打席でも強く振ることだけを考えた」と振り返った。

 14安打と打線はこの日も好調で、楠城徹監督は「貪欲(どんよく)に点を取るチームになっている」と目を細めた。(前田伸也)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ