スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

大垣日大、痛かった4失策 阪口監督「選手を責めるわけにはいかん」

2021年11月7日05時30分 朝日新聞デジタル

 第74回秋季東海地区高校野球大会(東海地区高校野球連盟主催)は6日、愛知県の岡崎市民球場で準決勝2試合があり、大垣日大(岐阜2位)は5―10で日大三島(静岡1位)に敗れた。聖隷(静岡2位)は9―8で至学館(愛知2位)にサヨナラ勝ち。静岡勢同士の決勝は、1986年の第39回大会以来35年ぶり。決勝は7日に岡崎市民球場で行われる。

 「選手を責めるわけにはいかん。エラーをするような指導をしとったという風に考えないと」。4失策のうち三つが失点につながった大垣日大の阪口慶三監督がつぶやいた。

 同点の五回だ。2死から失策とボーク、申告敬遠で一、二塁のピンチを招く。一回途中から好救援を続けていた2番手の山田渓太投手(1年)に代わり、再び五島幹士投手(2年)がマウンドへ向かった。

 ここで右前適時打を許し、さらに右翼手からの返球が乱れて2点を勝ち越された。2死一、三塁で、山田渓投手が再び救援したものの、左越え適時三塁打を浴びてこの回、計4失点。捕手の西脇昂暉主将(2年)は「投手陣をもう少し助けられたら良かったけど。ワンプレーの怖さを思い知らされました」と悔やんだ。

 新チーム発足後、阪口監督は「1試合2失策までは大丈夫」と伝えてきたという。選手の思い切りの良さを引き出す試みは、今回はうまくいかなかった。

 今大会は享栄(愛知1位)を破るなど収穫もあった。「負けて悔しい」。山田渓投手は肩を落とすが、阪口監督は「チームは良くここまで来た」とねぎらったうえで、「全てにおいてレベルアップしないと」と、今後の成長に期待した。(上山浩也)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ