スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

明秀日立が木更津総合破って決勝へ 秋季関東地区高校野球大会

2021年11月7日09時00分 朝日新聞デジタル

 【茨城】第74回秋季関東地区高校野球大会(関東地区高校野球連盟主催)は6日、J:COMスタジアム土浦で準決勝があり、茨城県代表の明秀日立(茨城1位)は木更津総合(千葉1位)を5―2で破り、決勝に進んだ。もう1試合の準決勝は山梨学院(山梨1位)が9―2で浦和学院(埼玉1位)に勝った。7日午前10時から同球場で決勝がある。

     ◇

 2点リードの七回表。2死二塁の好機で打席に立った明秀日立の3番打者石川ケニー主将(2年)は、冷静だった。「2点差と3点差では、ゲームの上で大きな違いが出てくる。なんとか1点取りたい」

 4球目、狙い通りのスライダーを打ちにいく。右前適時打になったが、一塁上で表情は変わらなかった。

 打ち取られても悲観しすぎず、点に絡んでも喜びすぎずに。心掛けているのは、目の前の試合に集中することだ。

 「もともとは喜怒哀楽が激しい性格」と自己分析する。「結果を引きずってしまい、笑っていたかと思えば1分後には泣いてしまうこともあった」

 3年生が引退して、主将になってからは「自分の気持ちよりチームが勝つことを優先しよう」と決めた。以来、冷静に試合に臨めるようになってきた。

 三回表1死一、三塁で迎えた打席では、金沢成奉監督からヒットエンドランの指示が出た。「何が何でも1点を」と打球を転がすと二塁ゴロに。三塁走者が生還し、追加点になった。

 関東大会優勝まであと1勝。「このままの勢いで、関東のてっぺんに立てれば」(西崎啓太朗)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ