スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

木更津総合、準決勝で敗退 秋季関東地区高校野球

2021年11月7日09時00分 朝日新聞デジタル

 【千葉】第74回秋季関東地区高校野球大会(関東地区高校野球連盟主催)は6日、茨城県土浦市のJ:COMスタジアム土浦で準決勝があった。県大会優勝の木更津総合は明秀日立(茨城1位)に2―5で敗れ、決勝進出を逃した。7日決勝は明秀日立と山梨学院(山梨1位)の組み合わせ。

     ◇

 七回表、木更津総合の捕手、中西祐樹主将(2年)は、先頭打者に死球を与え、マウンド上で動揺していた金綱伸悟投手(同)のもとに駆け寄った。

 「冷静に、ゆっくり、時間をつかっていこう」

 金綱投手は「声をかけられて落ち着けた」と振り返る。この回1点を失ったが、2死一塁で迎えた4番打者を、最後は外角低めの直球で見逃し三振に切って取った。終始制球に苦しんだが、七回まで踏ん張れたのは中西主将の好リードのおかげだった。

 中西主将は、今夏の千葉大会に正捕手として出場したが、準優勝に終わった。今でも「甲子園を目前にして力を出し切れなかった」と悔しさがこみ上げる。

 新チームでは主将となり、「チームを導けるように声で引っ張る」。そして迎えた今大会ではベスト4に入り、来春の選抜大会出場が有力となった。それでも、「これまでのことは冬でリセット。(エースの)越井1人では勝ち続けられない」と気を緩めるつもりはない。

 すでに先を見据えている。「守備のミスを減らしたり、投手の変化球を生かしたり、冬に成長できるように自分が導く」(上保晃平)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ