スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

浦和学院、延長で敗れ決勝逃す 秋季関東高校野球

2021年11月7日09時00分 朝日新聞デジタル

 【埼玉】第74回秋季関東地区高校野球大会(関東地区高校野球連盟主催)は6日、茨城県のJ:COMスタジアム土浦で準決勝があり、浦和学院(埼玉1位)は山梨学院(山梨1位)に2―9で敗れた。2―2の同点で迎えた延長十回に相手打線に捕まり、7点を失った。今大会は来春の選抜大会の選考材料となる。関東・東京の出場枠は6で、4強入りした浦和学院は出場が有力になっている。

     ◇

 7年ぶりの関東大会4強入りを支えた浦和学院の左右の両エースにとっては、ほろ苦い準決勝となった。

 延長十回。2番手の左腕・宮城誇南(こなん)投手(2年)は先頭打者に二塁打を許した。1死を奪った後、相手の1年生の4番打者に勝ち越しの左前適時打を許した。さらに2連打を浴びて、降板。劣勢の時にどう立て直すかを課題にしてきたが「流れを呼び寄せるピッチングができなかった」と悔やんだ。

 代わってマウンドに立ったのは、右腕の金田優太投手(2年)。この日は先発し、6回を2失点に抑えていたが、再登板では「どう打ち取るか考えた時に、投げられる球がなくなってしまった」。最初の打者に二塁打を浴びるなど、3長短打で3失点した。

 夏までの前チームでは、継投してきた2人。新チームになり、1人で投げきることを目標にしてきた。宮城投手は体重が3キロ増え、直球の球速も2キロ上がった。関東大会の準々決勝では完封するなど、成長した面もある。森大監督は「2人とも、よく粘って投げてくれた」とねぎらった。宮城投手は「課題は山積み。春に向けて取り組んでいきたい」と前を向いた。(仙道洸)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ