スポーツブル(スポブル)

スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

木更津総合準決勝へ 選抜出場ほぼ確実に

2021年11月3日10時30分 朝日新聞デジタル

 【千葉】第74回秋季関東地区高校野球大会(関東地区高校野球連盟主催)は2日、水戸市のノーブルホームスタジアム水戸の準々決勝で、木更津総合(千葉1位)が今春の選抜大会優勝校の東海大相模(神奈川1位)に4―1で勝利した。来春の選抜大会への出場が有力となった。6日の準決勝では明秀日立(茨城1位)と対戦する。

 ■木更津総合4―1東海大相模

 木更津総合が初回から先行し、逃げ切った。

 初回、四球や連打で1死満塁とすると、大井の三ゴロの間に1点を先行。なおも二、三塁で芦川が右中間に2点適時二塁打を放ち、主導権を握った。五回にも1死一塁から水野の右越え適時二塁打で1点を追加し、流れを渡さなかった。

 エース越井は緩急を投げ分け、1回戦に続き完投した。一回に犠飛で1点を失ったが、要所を抑えた。

     ◇

 九回裏1死一塁。木更津総合のエース越井颯一郎投手(2年)が選んだのは、持ち球のなかで最も自信がある直球だった。初球から振ってきた相手の打球は、遊撃手のグラブに収まる。併殺が成立し、思わず両拳を空に突き上げると、こらえていた涙があふれ出た。

 この勝利で、来春の選抜大会への出場が有力となった。昨秋の関東大会では準々決勝、今夏の千葉大会では決勝で敗れ、甲子園にあと一歩届かなかった。134球を笑顔で投げきった越井投手は「誰にもわからないってくらいうれしい」。

 今秋発足した新チームで背番号1を託され、常に笑顔でテンポよく投球してきた。「無失点にこだわらず、失点してもチームを勝たせるエースになりたい。ピンチでも焦らず、笑顔をみせる」。今大会の1回戦は完封し、4強進出の原動力となった。

 試合後には強心臓の理由を問われ、元高校球児の父親からの言葉を挙げ、「『(負けても)打たない野手が悪い』と言われた」と冗談めかした。「でも明日から切り替えて、勝ち続けたい」(上保晃平)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ