スポーツブル(スポブル)

スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

浦和学院が完封4強入り 秋季関東高校野球

2021年11月3日10時30分 朝日新聞デジタル

 【埼玉】第74回秋季関東地区高校野球大会(関東地区高校野球連盟主催)は2日、茨城県で準々決勝4試合が行われた。J:COMスタジアム土浦では浦和学院(埼玉1位)が桐生第一(群馬1位)を5―0で破り、来春の選抜大会への出場を有力にした。6日の準決勝は、同球場で山梨学院(山梨1位)と対戦する。

 ■桐生第一(群馬)0―5浦和学院

 浦和学院のエース宮城が左腕から繰り出す130キロ台後半の直球と変化球を織り交ぜ、7奪三振で完封した。一回に得点圏に走者を許すなどしたが、要所を締める投球で117球を投げきり、被安打は6。守備も無失策で、宮城をもり立てた。打線は、二回に小林の適時打で先制。相手投手が交代した六回には打者8人で4本の長短打やスクイズで4点を奪い、試合を決定づけた。

     ◇

 1―0で迎えた六回裏。浦和学院の伊丹一博選手(2年)は「のどから手が出るほど欲しかった」という追加点を、自らの手でもぎ取った。

 1死一、三塁で打席に立った。この回から、相手エースの北村流音投手(2年)がマウンドにいた。2球目。狙っていた直球ではなく、外角のスライダーにとっさに「体で反応した」。体勢を崩されながらもしっかり振り抜き、右前に適時打を放った。

 県大会では変化球に体が泳いでしまい、思うような打撃ができなかった。関東大会に向けて「崩されずに打つ」ことを目標に、変化球をしっかり引きつけて振り抜く練習に取り組み、この日の打席につなげた。

 チームは7年ぶりの選抜大会の出場の可能性が高まった。「監督がずっと試合で使っていてくれていたので、期待に応えられて良かった」と笑顔で話した。(仙道洸)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ