スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

東海大相模、好機生かせず 準々決勝で敗退 秋季関東高校野球

2021年11月3日10時30分 朝日新聞デジタル

 【神奈川】第74回秋季関東地区高校野球大会(関東地区高校野球連盟主催)は2日、茨城県土浦市のJ:COMスタジアム土浦などで準々決勝4試合があった。東海大相模(神奈川1位)は木更津総合(千葉1位)に1―4で敗れ、4強入りはならなかった。

 ■木更津総合(千葉1位)4―1東海大相模

 東海大相模は相手投手のテンポの良い投球に屈した。3点を先制された一回、板垣の死球、百崎の右前安打で1死一、三塁とし、求の犠飛で1点をかえした。二、四回にも好機をつくったが、生かせなかった。先発の庄田は落ちる球を狙われ序盤に崩れた。

     ◇

 東海大相模の谷口翔生捕手(2年)は試合後、涙が止まらなかった。自らを「実力は全然」と語る。それでも扇の要に座るのは「仲間を鼓舞する」強い気持ちがあるからだ。

 救援した庄司裕太投手(2年)が右手に打球を受けたときには「言い訳にできないぞ」と活を入れた。九回の打席では一塁にヘッドスライディング。だが、この日は打撃やリードで結果を残せず「自分のせいで負けました」と悔しがった。

 夏に向けて「妥協せずに練習したい。自分だけじゃなくて周りも一緒に強くならないと」と前を向いた。(土居恭子)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ