スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

和歌山東が決勝進出、大阪桐蔭と対戦へ 秋季近畿地区高校野球大会

2021年10月31日09時00分 朝日新聞デジタル

 【和歌山】秋季近畿地区高校野球大会(近畿地区高校野球連盟主催、朝日新聞社など後援)は30日、大津市の皇子山球場で準決勝2試合があり、大阪桐蔭と和歌山東が決勝進出を果たした。決勝は31日正午から、同球場で予定されている。

     ◇

 1点リードの三回表1死走者なしで、和歌山東の森岡颯太君(2年)が打席に立った。「今日はよく振れている」。内角高めの直球を思い切り振り抜くと、打球は右翼手を越えてスタンドに届いた。笑顔でダイヤモンドを回り、ベンチへ戻ると、仲間から口々に「やっと打ってくれたか」と声をかけられた。

 長打が打てるパワーが持ち味。だが近畿大会では緊張のせいか、スイングに狂いが生じていたという。2番を任されているのに、1回戦、準々決勝での安打は1本だけ。「ホームランを打てたことより、ヒットが出てよかった」

 この日、チームは金光大阪に勝利し、決勝に進んだ。米原寿秀監督からは新たに、「(優勝して)神宮大会出場」の目標を課せられた。森岡君の理想は、「出塁した1番打者を、長打でかえせる2番打者」。そのために「自分のスイングを磨いていきたい」と誓った。(国方萌乃)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ