スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

和歌山東が4強入り、田村選手が投打で躍動 秋季近畿地区大会

2021年10月25日09時00分 朝日新聞デジタル

 【和歌山】秋季近畿地区高校野球大会(近畿地区高校野球連盟主催、朝日新聞社など後援)は24日、大津市の皇子山球場で準々決勝3試合があった。大阪桐蔭(大阪1位)と金光大阪(大阪2位)、和歌山東(和歌山2位)がそれぞれ勝ち、4強が出そろった。準決勝は30日に同球場で予定されている。

     ◇

 立ち上がりから攻めたてた。一回、安打に盗塁などを絡めて2死満塁の好機。この日の先発投手・田村拓翔(たくと)君(2年)に打席が回った。ファウルで粘って7球目。直球を振り抜くと、打球は二遊間を抜け、2点を先制した。「緊張もあったが、気持ちが高ぶった」。その裏、気合を入れてマウンドへ。「甘いコースだと振ってくる」と球を低めに集め、打たせて取る投球を心掛けた。五回途中でエースの麻田一誠君(2年)につなぐまで、1失点に抑えた。

 相手は、昨秋の近畿大会1回戦で逆転負けした京都国際。その相手に勝利して4強入りを決め、来春の選抜大会出場へ大きく前進した。決まれば春夏通じて初の甲子園だ。

 米原寿秀監督は「完璧な試合だった」と喜んだ。田村君は「リベンジできて、本当によかった。一つでも多く勝てるよう頑張りたい」と話した。(下地達也)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ