スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

宇部商・下関国際、敗れる 秋季中国高校野球・準々決勝

2021年10月25日09時00分 朝日新聞デジタル

 第137回秋季中国地区高校野球大会(中国地区高校野球連盟主催、朝日新聞社など後援)は24日、山口県で準々決勝があった。津田メモリアル(周南市)と山口マツダ西京(山口市)でそれぞれ2試合があり、倉敷工(岡山)、広島商、広陵(広島)、岡山学芸館が4強入りを決めた。準決勝は30日、山口マツダ西京で予定されている。

     ◇

 四球や暴投から先制を許し、流れは広陵に傾いていた。3点を追う七回、2死満塁。下関国際のマウンドを守るのはエースの古賀康誠投手(2年)。「ここを抑えて、流れを引き寄せる」。ファウルで粘られた9球目、スライダーを振らせて三振に。引き締まった表情のまま、小さく「よっしゃ」と口にした。

 先発9人中8人が昨春選抜に出場。だが「甲子園の続きを」と挑んだ今夏の山口大会は初戦で敗れた。直後からチームは中国大会優勝だけを見てきた。早朝からグラウンドに立ち、夜も遅くまでバットを振った。

 しかし、この日は相手エースの140キロ超の直球を打ち崩せず、1安打に沈んだ。「甘くないと教えてもらっている気がします」と坂原秀尚監督。古賀投手は「自分のミスから取られた三回の1点でチームの流れが狂っていった」と涙をこぼした。「まだ練習が足りていないということ。夏絶対に甲子園に戻るために、また練習します」(寺島笑花)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ