スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

近江は惜敗で4強逃す 選抜出場は当落線上に

2021年10月25日09時00分 朝日新聞デジタル

 【滋賀】秋季近畿地区高校野球大会(近畿地区高校野球連盟主催、朝日新聞社など後援)は24日、大津市の皇子山球場で準々決勝3試合があった。大阪桐蔭(大阪1位)と金光大阪(大阪2位)、和歌山東(和歌山2位)がそれぞれ勝ち、4強が出そろった。準決勝は30日に同球場で予定されている。

     ◇

 2018年の第90回記念大会に3校が同時出場して以来、滋賀県勢は春の甲子園から遠ざかっている。

 来春の選抜大会の重要な選考材料となる近畿大会で、近江は県勢で4年ぶりに初戦を突破していたが、この日の準々決勝は終盤に粘りきれず惜敗した。

 初回に山田陽翔(はると)主将(2年)が中越え二塁打を放って先制。三回には、川元ひなた君(2年)の適時二塁打が飛び出して5点を先行。先発の星野世那投手(2年)も打者一巡を完璧に抑えて、これ以上にない盤石の立ち上がりだった。

 しかし、四回に長打攻勢で追い上げられ、八回途中からは継投で逃げ切りを図ったものの逆転を許した。

 選抜大会で近畿地区の出場枠は「6」。4強進出を逃し、選出は当落線上となった。

 山田主将は「詰めの甘さが出た試合。今日をスタートラインに終盤勝ちきれるチームにしたい」と誓った。(安藤仙一朗)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ