スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

広陵、広島商4強入り 秋季中国地区高校野球

2021年10月25日09時00分 朝日新聞デジタル

 【広島】第137回秋季中国地区高校野球大会(中国地区高校野球連盟主催、朝日新聞社など後援)は24日、山口県で準々決勝があった。津田メモリアル(周南市)と山口マツダ西京(山口市)でそれぞれ2試合があり、倉敷工(岡山)、広島商、広陵(広島)、岡山学芸館が4強入りを決めた。準決勝は30日、山口マツダ西京で予定されている。

     ◇

 広陵が好機を生かし、投手戦を制した。先発森山は被安打1、6奪三振で完封。三回、2死三塁で中川の適時打で先制。再び中川が五回、適時三塁打で2点を重ねて快勝した。下関国際は先発古賀が7回6奪三振と力投したが、打撃の援護がなかった。

 三回と五回に適時打を放ち、3打点の活躍を見せた中川は「攻めの気持ちで臨んだ。低めのボール球は振らないことを徹底した」。今大会好調の右腕森山は、140キロ超の直球がさえた。「ストライク先行を意識した。バックを信じて投げた」と振り返った。

 中井哲之監督は「ここぞという時に一打が出た。失点も覚悟していたが、森山が思った以上に打たれなかった」と話した。

     ◇

 均衡を破ったのは広島商。四回に松浦、荒谷、得山が3連打で満塁の好機を作り、永谷が適時三塁打を放つなど4点を先制した。終盤にも加点し、そのまま押し切った。鳥取商は5点差で迎えた九回、岩崎が適時打を放って1点をかえすが、後続を断たれた。

 広島商の先発の左腕浴口(えきぐち)は7回被安打4、1失点の好投だった。荒谷忠勝監督は「浴口は球も低めに集まっていた。自信にしてくれればいい」と話した。準決勝に向けて、「結果をポジティブに受け止めている。いい準備をして来週を迎えたい」と意気込んだ。(松尾葉奈、寺島笑花)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ