スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

岡山学芸館が8強、7番・保科君が5打点

2021年10月24日09時30分 朝日新聞デジタル

 第137回秋季中国地区高校野球大会(中国地区高校野球連盟主催、朝日新聞社など後援)は23日、山口県で2日目があった。津田メモリアル(周南市)と山口マツダ西京(山口市)でそれぞれ1回戦2試合があり、広島商、鳥取商、岡山学芸館、立正大淞南(島根)が勝ち進み、8強が出そろった。

     ◇

■岡山学芸館 保科竜聖選手(2年)

 先発に5人の左打者を並べた岡山学芸館打線が爆発した。中でも7番の保科竜聖君(2年)は4打数3安打5打点と大活躍だった。

 もとは内野手だが、左の好打者が多いチームの中、秋の地区予選以降は代打出場などに甘んじてきた。だが、今大会前に右翼手へコンバート。「打撃も好調だった」(佐藤貴博監督)ことから、初戦の右翼手として久しぶりの先発出場を果たした。

 この日の安打は、いずれも走者を置いた場面。第1打席は左方向へ二塁打、第2打席は右方向へ二塁打、第4打席は泳ぎながらも中前安打を放った。「いい流れを作れて良かった。自分よりもチームの勝利に貢献できたことがうれしい」。左の強力打線に厚みが増した。(雨宮徹)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ