スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

広島商、サヨナラで乱打戦制す 尾道商は反撃届かず

2021年10月24日09時30分 朝日新聞デジタル

 第137回秋季中国地区高校野球大会(中国地区高校野球連盟主催、朝日新聞社など後援)は23日、山口県で2日目があった。津田メモリアル(周南市)と山口マツダ西京(山口市)でそれぞれ1回戦2試合があり、広島商、鳥取商、岡山学芸館、立正大淞南(島根)が勝ち進み、8強が出そろった。

     ◇

 ◎…両チーム15安打ずつの乱打戦を広島商がサヨナラで制した。3点を追う五回、松浦、荒谷、得山の連続安打を含む打者11人で一挙6点をあげて逆転。同点で迎えた九回、植松の右前適時打で勝負を決めた。益田東は八回に同点に追いつくも惜敗した。

 広島商の主将・植松は甘く入った直球を冷静に打って、九回にサヨナラ打を決めた。「とにかく抜けてくれという気持ちだった。焦ることなく、自分たちの野球を最後まであきらめずにやろうという気持ちだった」と振り返った。荒谷忠勝監督は「序盤は点を取られたが、選手は落ち着いていた。野手は細かいミスがあったが守れた。最後はそこの差ですかね」と語った。

     ◇

 ◎…双方2桁安打の打撃戦を岡山学芸館がコールドで制した。1点リードの七回、無死満塁の絶好機に連打で差を広げるなど打者8人で一挙6得点した。尾道商は四回に下位打線がつながり反撃を開始。七回にも1点追加するが投手陣が持ちこたえられなかった。

 尾道商の池田英徳監督は「選手たちはよく力を出し切った。(終盤に相手側に)ラッキーなヒットが出るなど勝負は紙一重だったと思う。適時打が出ないなど『あと一本』がなかった」と振り返った。(松尾葉奈、寺島笑花)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ