スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

明秀日立が優勝、藤代を破る 土浦日大も関東大会へ

2021年10月24日09時00分 朝日新聞デジタル

 第74回秋季関東地区高校野球茨城県大会(県高校野球連盟主催)は23日、ひたちなか市民球場で決勝があり、明秀日立が藤代を8―0で破り、4年ぶり4回目の優勝を果たした。3位決定戦は土浦日大が下妻一に10―0で勝ち、30日に県内で始まる関東地区大会出場を決めた。関東大会には明秀日立、藤代、土浦日大が出場する。

     ◇

 優勝をたぐり寄せたのは寮の同じ部屋で暮らす2人の連続ホームランだった。

 明秀日立の佐藤光成君(2年)と小久保快栄君(2年)。決勝前の朝食後、GReeeeNの「キセキ」を聞いてリラックスしている小久保君に、佐藤君は「絶対勝つぞ」と声をかけた。小久保君は「よっしゃー」と応じた。

 1点リードの四回表、2死一塁で佐藤君が打席に入る。その初球。狙い通りの内角の球がきた。バットを強振すると、打球は風に乗って左翼席に飛び込む2点本塁打に。次打者の小久保君も左越え本塁打。2人はベンチでハイタッチして「俺ら、すごいな」。

 4人部屋の2段ベッドは佐藤君が上で、小久保君が下。つらい練習が続いても励まし合う。日課の時間を守ったり、部屋の整理整頓をしたりと野球以外の生活習慣もみんなで見直した。

 優勝にも「通過点と思っている」と浮かれない。関東大会の先に見据えるのは来春の選抜大会。「甲子園に行こう」。いつも言い合う2人の軌跡は始まったばかりだ。(西崎啓太朗)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ