スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

創志学園・岡村、無念の降板 秋季中国地区高校野球

2021年10月23日09時00分 朝日新聞デジタル

 【岡山】第137回秋季中国地区高校野球大会(中国地区高校野球連盟主催、朝日新聞社など後援)が22日、山口県で開幕した。津田メモリアル(周南市)と山口マツダ西京(山口市)でそれぞれ1回戦2試合があり、倉敷工(岡山)、宇部商(山口)、下関国際(山口)、広陵(広島)が8強入りを決めた。

     ◇

 故郷のマウンドで思い通りの力を発揮できなかった。

 創志学園のエース岡村洸太郎君(2年)は、山口市出身。山口マツダ西京きずなスタジアムも、中学時代に何度か経験していたが、この日は下関国際(山口1位)打線に序盤から打ち込まれた。

 三回までに4失点。「低めを狙われている。切り替えて高めの球も投げていこう」と考え、四、五回は無失点で切り抜けた。だが、六回に再びつかまり2失点。七回途中で無念の降板となった。

 創志学園への進学は、「プロを目指すために野球の強いところに行こう」と父の勇輝さん(39)と話し合って決めた。小学生時代はスポーツ少年団で監督と投手という関係でもあった2人。試合を観戦した勇輝さんは「横手投げなのだから制球力を身につけないと。打者との駆け引きも必要」と話した。

 岡村君は勇輝さんに声もかけずバスに乗り込んだ。「親に会うためにここに来たわけでないから……。冬の間に練習を積んで、夏の甲子園で雄姿を見せたい」。夏での雪辱を誓った。(雨宮徹)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ