スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

「監督に花道を」東洋大姫路が甲子園仕様ユニホームで夏準優勝校破る

2021年10月17日17時59分 朝日新聞デジタル

 (17日、高校野球秋季近畿地区大会1回戦 東洋大姫路2―0智弁学園)

 胸元の「TOYO」の文字を金色で縁取った特別なユニホームを着て、東洋大姫路(兵庫3位)の選手たちが躍動した。

 来春の選抜大会へつながる近畿大会の1回戦で智弁学園(奈良1位)に挑んだ。

 今夏の甲子園準優勝校相手にも、エース右腕・森健人(2年)は冷静だった。「気持ちは高まっていたが、リラックスして丁寧に攻めようと思った」

 身長169センチながら、真上から投げ下ろす球には角度があった。140キロに迫る直球と緩いカーブ、フォークを低めに集めて強気に攻めた。

 ピンチでもそのスタイルは変わらない。五回2死一、三塁ではしつこく内角を突いて三飛に。六回2死一、三塁でも低めの球で二ゴロに仕留めた。

 野手陣も無失策の守備でもり立て、攻撃では送りバントを4度決めるなど機動力を絡めて2得点。森は完封勝ちを遂げた。

 東洋大姫路は春夏通算19回の甲子園出場を誇り、1977年夏には全国制覇を果たした。だが、近年は低迷し、甲子園は2011年夏を最後に遠ざかり、選抜は08年が最後となる。

 ふだんのユニホームでは、胸の「TOYO」の文字は白色で縁取られている。「甲子園では金色の縁のものを着られる」という伝統が受け継がれてきた。

 今秋、そのユニホームを着た。

 1度、監督を務め、11年2月から再びチームを率いるOBの藤田明彦監督(64)は来年3月末での退任が決まっており、「近畿大会だけど、最後になるかもしれないから学校にお願いして着させてもらった」からだ。

 10年間、部室に保管していた監督や選手用のユニホームを取り出したという。

 近畿地区の選抜出場枠は6。強豪を破って8強に入り、14年ぶりの選抜へ向けて前進した。次戦の準々決勝の相手は大阪桐蔭だ。

 「チャレンジャーの気持ちで、この勢いのまま接戦に持ち込んで勝ちたい」と森。三回に先制の適時二塁打を放った千代(せんだい)凱登(かいと)(2年)は「最後に監督を甲子園に連れて行って、甲子園でもこのユニホームを着てプレーしたい」。

 恩師の花道をつくる。選手たちの、思いはひとつだ。(山口裕起)

新着ニュース

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ