スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

「チームに貢献して選抜大会へ」 市和歌山・熊本君

2021年10月17日10時00分 朝日新聞デジタル

 秋季近畿地区高校野球大会(近畿地区高校野球連盟主催、朝日新聞社など後援)が16日開幕し、大津市の皇子山球場で1回戦3試合があった。市和歌山(和歌山1位)と天理(奈良3位)、大阪桐蔭(大阪1位)が勝ち、それぞれ準々決勝に進んだ。17日も同球場で1回戦3試合が予定されている。

■「出塁すれば」つないだ安打 市和歌山・熊本和真君

 六回裏、2死走者なし。「出塁すれば、キャプテン(松村祥吾君、2年)がつないでくれる」。熊本和真君(1年)は4球目を左前に打ち返して安打とした。

 秋季近畿大会の初戦。相手を攻めきれず、五回までに残塁8。重苦しい空気が漂っていたなかでつくった好機だった。その直後、次打者の主将・松村君の右中間三塁打で生還し、貴重な追加点となった。

 二回の先制点も自身の犠飛で挙げた点で、いずれも得点に絡んだ。半田真一監督は「思い切り振ってチームに貢献してくれた」。

 県2次予選決勝では、失策でチームに迷惑をかけてしまったと反省していた。熊本君は「さらにチームに貢献して、選抜大会へ出場したい」とはっきりと話した。(下地達也)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ