スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

広島新庄・花田投手が巨人7位 JFE吉川投手は楽天7位 ドラフト

2021年10月13日09時30分

 「菅野智之投手のような球界を代表する選手になりたい」。11日にあったプロ野球のドラフト会議で、広島新庄(広島県北広島町)の花田侑樹投手(18)が巨人から7位指名を受けた。同校で記者会見し、「授業中もずっとドラフトのことで頭がいっぱいだった。名前が呼ばれてほっとした。(巨人は)すごく強いチームの印象。しっかり努力して結果を残したい」と抱負を語った。指名の瞬間、甲子園をともに戦ったチームメートらと立ち上がって喜んだという。

 花田投手は地元・北広島町出身で、身長181センチの右投げ左打ち。春夏連続で出場した甲子園では、エース兼4番打者として投打で活躍したが、プロでは「ピッチャーメインでやりたい」と話す。最速146キロの直球とカットボールが武器だ。「けがしない身体をつくって、1軍で投げきりたい」と、野球部引退後も木製バットを振って鍛えている。

 JFE西日本(広島県福山市、岡山県倉敷市)の吉川雄大(かずき)投手(24)は楽天に7位指名された。吉川投手は11日夜、広島県福山市鋼管町のJFEスチール西日本製鉄所で取材に応じ、「チームの優勝に貢献できるように全力でがんばっていきたい」と語った。

 広島県府中町の出身。広島県内の強豪・広陵高校で甲子園に出場。東海大を経て2019年、JFE西日本に入った。身長167センチの右腕で、カットボールなどの変化球を武器にする。

 楽天の印象について「投手がいいというイメージがある」とし、「与えられたポジションで頑張りたい。プロで活躍して広島に、いいニュースを届けたい」と意欲を見せた。

 JFE西日本では3年連続のドラフト会議での指名となった。一昨年は河野竜生投手が日本ハムに1位指名され、昨年は三好大倫(ひろのり)外野手が中日に6位指名された。(松尾葉奈、佐藤英法)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ