スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

智弁学園が優勝 秋季近畿高校野球県予選

2021年10月10日10時00分

 【奈良】秋季近畿地区高校野球大会県予選(県高校野球連盟主催、朝日新聞社など後援)は9日、橿原市の佐藤薬品スタジアムで決勝があった。智弁学園と高田商は今夏の奈良大会に続いて決勝での対戦。智弁学園が高田商を5―1で破り、同予選では2年ぶりの優勝を果たした。3位決定戦は天理が7―3で奈良北を破った。

 今大会の準決勝以降は一般客の観戦も認められ、この日の一般入場券800枚は完売した。

 智弁学園、高田商、天理の上位3校は、16日に皇子山球場(大津市)で開幕する近畿大会に出場する。

     ◇

 智弁学園が終盤の好機を着実にものにし、試合を決めた。1点リードで迎えた八回、1死二、三塁から酒井の中前適時打で中川と松本が生還。九回は2死満塁で再び酒井が左前適時打を放ってさらに1点を追加した。松本は、ランニング本塁打を含め4打数4安打の活躍を見せた。高田商は六回、紺井の適時打で二塁走者宮武晃がかえって1点を挙げたが、その後は打線が抑え込まれた。

     ◇

 今大会では1番打者を務めてきた智弁学園の松本大輝(1年)が初回から得点し、チームの優勝に貢献した。

 「初回に点が入ると自分たちに流れがくる」。そう信じて、最初の打席に立った。4球目を打ち返し、内野安打に。続く川原崎太一(1年)の犠打で二塁へ進んだ。4番打者、高良鷹二郎(ようじろう)(1年)の適時二塁打で本塁を踏み、先制点を挙げた。その後は投手戦となり、両チームとも三者凡退が続いた。

 六回。1死の場面で松本に打順が回ってきた。「追加点が大事だったので絶対に打とうと思いました」。フルカウントからの7球目、狙っていた直球をたたくと中越えに。「できるだけ先の塁に進もう」と必死に走った。ランニング本塁打となり、2点目を挙げた。ベンチが沸いた。

 松本の目標は、夏の甲子園でも活躍した主砲、前川右京(3年)だ。どんな球に対しても強いスイングをする前川に近づこうと、夜の自主練習も一緒だった。

 「狙っている球が来たら、強く打ちにいく」。前川から伝えられた言葉を大切に、素振りの練習に力を注いできた。その努力が実った。「近畿大会では、初回からどんどん点数を取っていきたい」と意気込みを語った。(浅田朋範)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ