スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

市和歌山と和歌山東が近畿大会へ 高校野球県予選

2021年10月3日10時00分

 秋季近畿地区高校野球大会県2次予選(県高野連主催)の準決勝が2日、紀三井寺公園野球場であった。市和歌山が和歌山商を、和歌山東が智弁和歌山をそれぞれ破り、決勝進出を決めた。2校は16日から大津市である近畿大会に出場する。決勝は3日、同球場である。

 ■和歌山東―智弁和歌山

 和歌山東が2年連続4回目の秋季近畿大会出場を決めた。二回に尾花の右前適時打で先制すると、三回の田村の2点適時打など好機に着実に加点した。智弁和歌山は七回、岡西の犠飛で1点差に迫ったが、エース麻田ら3人の小刻みな継投に反撃を断たれた。

     ◇

 智弁和歌山にじわじわと追い上げられていた七回。1死三塁で、和歌山東の主将、此上平羅君(2年)に打席が回った。「気持ちで勝負」。落ちる変化球に無我夢中で食らいつくと、大飛球がセンターへ。犠飛となって三塁走者がかえり、貴重な追加点となった。もちろんヒットを打ちたかったが、「もともと1点勝負になると思っていた。大事な1点を取れてよかった」。

 智弁和歌山には、今夏の和歌山大会では準決勝で敗れ、新チームで挑んだ新人戦でも負けた。甲子園へ行くには倒さなければならない強敵だった。

 日ごろから、米原寿秀監督から「魂の野球をしろ」と言われている。此上君は、一球一球ひたむきにプレーすることと解釈し、練習を重ねている。この日の試合で、相手のすきを見て走塁するなど、仲間の積極的なプレーが出たこともうれしかった。「全員でもぎとった勝利。今日は魂の野球ができました」と笑顔で語った。(国方萌乃)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ