スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

鳴門、徳島商が四国大会へ 県高校野球秋季大会準決勝

2021年10月3日10時00分 朝日新聞デジタル

 【徳島】第74回県高校野球秋季大会(県高野連主催)は2日、鳴門市のオロナミンC球場で準決勝2試合があった。鳴門と徳島商がともにコールドで大勝して決勝に進むとともに、23日から愛媛県で開かれる四国大会出場を決めた。3日に同球場で、四国大会出場の残り1枠を争う池田―阿南光の3位決定戦(10時)と、鳴門―徳島商の決勝(13時)がある。(吉田博行)

 ■徳島商9―0阿南光

 徳島商が阿南光のエース森山に12安打を浴びせて快勝した。一回に安芸の適時打で先制。四回は打線がつながり森龍と新開の三塁打を含む4連打で一気に差を広げた。阿南光も7安打を放って再三得点圏に走者を出したが、徳島商の2投手に要所を締められた。

     ◇

 新型コロナウイルスの感染状況が落ち着き、県高野連主催の公式戦で一般客の入場が2年ぶりに可能となった2日、スタンドには約600人の観客が詰めかけ、秋晴れの下で繰り広げられる熱戦を見守った。長年の高校野球ファンという小松島市の男性(73)は「生で見る試合は、テレビで見るのと迫力が全然違う。試合前のノックを見て、選手一人ひとりの調子を見られるのもいい」とうれしそうだった。3日の3位決定戦・決勝も一般客が入場できる。大人600円、高校生200円。

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ