スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

秋季県高校野球 浦和学院と花咲徳栄が関東大会出場へ

2021年9月27日10時30分 朝日新聞デジタル

 秋季埼玉県高校野球大会は26日、県営大宮球場で準決勝2試合があり、浦和学院が上尾に、花咲徳栄が聖望学園にそれぞれ勝ち、10月30日に茨城県で開幕する関東大会への出場を決めた。浦和学院は5年ぶり、花咲徳栄は2年ぶりの出場。決勝は28日午前10時から同球場で行われる。(仙道洸)

 ■上尾―浦和学院

 浦和学院が逃げ切った。一回に金田の2点適時打含む4安打で3点を先取。先発の宮城は一、三回を除いて得点圏に走者を背負ったが、要所を締めた。上尾は相手を上回る10安打を放ち、八回には金丸が1点差に迫る本塁打を放ったが、あと1本が遠かった。

 ■花咲徳栄―聖望学園

 花咲徳栄が鮮やかな先制攻撃を決めて、コールド勝ちした。一回、打者16人で9本の長短打を放って10得点。エースの金子も、7奪三振、無四球と好投した。聖望学園は4番手で登板した東山が二回以降、立て直したが、打線の援護がなかった。

     ◇

 上尾はいきなり、窮地に立たされた。一回、今夏の埼玉大会を制した浦和学院を相手に、1死も取れずに3失点。なおも一、二塁の場面で、エース番号を背負う川口翔大朗投手(2年)はマウンドを託された。でも「緊張はなかった」。理由の一つは、自信のあるボールを見つけたからだ。

 それは「動くストレート」だ。数日前に、別の高校の投手からボールの握り方のアドバイスを受けて投げてみると、しっくりきた。実戦で投げるのは初めてだったが、手元で微妙に曲がる球が効果的に決まり、一飛、中飛、三振でピンチを断った。

 二回以降も右サイドハンドからコースと高低を投げ分け、被安打2、無失点で投げきった。40年ぶりの関東大会にはあと一歩、届かなかったが「満点に近いピッチング。浦学相手にこれだけ投げられたのは、自信になった」と前を向いた。

     ◇

 九回、浦和学院のエース宮城誇南(こなん)投手(2年)は2死から安打と暴投で、同点のピンチを迎えた。でも自信のあるストレートを軸に、最後の打者を中飛に仕留めて試合を締めた。「1人で完投できるように」と夏場に投げ込んだ成果もあり、この日は143球を投げきった。「関東大会でも、静かに闘志を燃やしたい」と意気込んだ。

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ