スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

明桜が敗れる 秋の高校野球秋田県大会

2021年9月24日09時00分

 第73回秋季東北地区高校野球秋田県大会は23日、秋田市のこまちスタジアムとさきがけ八橋球場で順延になった準々決勝の残り2試合があり、4強が出そろった。夏の甲子園出場の明桜は大館鳳鳴に敗れた。大曲工は大曲農にコールド勝ちした。

     ◇

 大館鳳鳴は七回2死一塁で、田村祐太朗選手(2年)が適時二塁打を放って先制。八回には交代した相手投手の立ち上がりを攻め、二つの死球と敵失、スクイズで追加点を挙げた。先発の木村拳士(たかし)投手(2年)は10奪三振の力投で明桜打線を抑えた。明桜は3点を追う九回、四球で出た走者を黒坂浩生選手(2年)と宮本流来(りゅうく)選手(2年)の連打で生還させ、最後まで食い下がった。

 大曲工は三回に先頭の石山伶偉(れい)投手(2年)が安打で出塁し、明平智快選手(2年)が犠打で走者を二塁に進めると、そこから4安打と2四球などで5得点。四回にも3点を加え、突き放した。先発の石山投手は打たせて取り、7回を被安打4と好投した。大曲農は四回と五回に走者を三塁まで進めたが、打線がつながらなかった。(井上怜)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ