スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

智弁和歌山、万全の投手研究 「引っ張る」ことに糸口が

2021年8月29日23時10分

 (29日、高校野球選手権大会 智弁和歌山9-2智弁学園)

 試合開始を告げるサイレンが、鳴り始めたところだった。

 一回。智弁和歌山の1番宮坂厚希は初球の浮いたスライダーを引っぱたいた。打球は中堅手の頭を越え、二塁打に。次打者の大仲勝海にバントの構えは一切ない。ファウルで粘り、7球目を強引に引っ張って右前へ。

 あっという間に無死一、三塁を築くと1死後、4番徳丸天晴の中犠飛で先制した。中谷仁監督は言う。「相手は強打の智弁学園。1点ずつではなく、覚悟を決めた。打ち負けないように、がんがん攻めていった」

 試合前のミーティングでも決めていた。「なにがなんでも先制点」と。1点では足りない。3連打でもう3点を加えた。

 背景には万全の対策がある。智弁学園のエース、西村王雅の今大会の投球を動画で何度も見て研究した。やや横手から角度のある球を投げる左腕に対し、出した答えは「引っ張る」だった。

 宮坂の中越え二塁打をのぞき、一回の4安打は、左打者は右方向、右打者は左方向へ打ってのもの。大仲が説明する。「角度のある球を無理に流すのは難しい。肩を開かずに思いきって引っ張りました」

 徹底する力は、ふだんの練習で養ったものだ。打撃練習では、低い打球、右方向、左方向と決めて打ち分ける。失敗すれば、先輩、後輩に関係なく厳しい声が飛ぶ。

 今大会、チームが最初に得点を奪ったイニングは三、一、一、そして決勝も一。一気呵成(かせい)に主導権を奪い、頂点へと駆け上がった。(山口裕起)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ