スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

智弁和歌山・元プロ監督が優勝 資格回復制度の導入後初

2021年8月29日16時32分

 第103回全国高校野球選手権大会は29日、決勝があり、元プロ野球選手の中谷仁(じん)監督(42)が率いる智弁和歌山が智弁学園(奈良)を9―2で下して優勝した。

 元プロ選手の監督が全国選手権で優勝するのは、1982年の第64回大会で池田(徳島)を率いて全国制覇した蔦文也氏(故人)以来39年ぶり。

 2013年にスタートした学生野球資格回復研修を経た元プロ選手の監督としては初めての優勝。

 中谷監督は智弁和歌山出身。捕手、主将として1997年の第79回大会での全国制覇に貢献した。その秋にドラフト1位で阪神に入団し、楽天、巨人を経て2012年に引退した。

 翌13年、元プロ野球選手が学生野球資格を回復し、指導者となるための研修が始まった。中谷監督は14年に学生野球資格を回復し、17年4月からコーチとして母校に戻っていた。

 ほかに元プロの優勝監督は、1972年の第54回大会を制した津久見(大分)の小嶋仁八郎氏らがいる。学生野球資格研修の導入後では、2008年の第90回大会で常葉菊川(静岡)を率いて準優勝した佐野心氏がいる。

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ