スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

エース2人いる智弁学園 1失点完投の小畠「負けへん」

2021年8月25日12時03分 朝日新聞デジタル

 (25日、高校野球選手権大会 智弁学園7-1日本航空)

 智弁学園の右腕・小畠(おばた)一心(いっしん)は先頭打者への初球を安打にされた。盗塁と二ゴロで三塁に進まれ、三ゴロの間に先制を許した。この間、わずかに10球。浮足だってもおかしくないが、1年夏から経験しているマウンドで焦りはなかった。

 「守備からリズムをつくる。粘って投げよう」

 三~六回はすべて三者凡退。山場が待っていたのは2点リードの八回。先頭から2連打を許して無死一、二塁。ギアを一段上げた。二ゴロ併殺、空振り三振で乗り切り、「シャーッ」と声を上げた。最速は145キロ。この日はスライダーと昨秋覚えたツーシームでゴロアウトを重ねた。

 ベンチ横では左腕・西村王雅が肩を温めていた。降りる気はない。8強入りした今春の選抜、そして今夏もエースナンバーを西村に譲り、自身は「10」。今大会1、2回戦も西村が先発しており、「自分も負けへん」と強い気持ちだった。

 被安打3、無四死球、96球での1失点完投。小坂将商(まさあき)監督が「素晴らしいの一言」とうなる投球で、チームを第93回大会以来の8強に導いた。優勝候補の一角は、二枚看板が充実する。(金子智彦)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ