スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

高松商 終盤に粘り見せた 8強入りは逃す

2021年8月25日09時00分 朝日新聞デジタル

 【香川】甲子園での2勝目はかなわなかった。高松商は24日、3回戦で智弁和歌山と対戦し、3―5で敗れた。中盤までに4点を先行される苦しい展開だったが、目標としていた5失点以内に抑えた。最終回には2点を挙げる粘りも見せたが及ばなかった。

     ◇

 九回裏2死一、二塁。あと1アウトで負けが決まる場面で、主将の山崎悠矢君(3年)が打席に立った。スコアは1―5。どんな形でも塁に出たいと思っていた。「4点差なら、俺たちは追いつける」

 香川大会の準決勝と決勝で4点差を逆転し、甲子園への切符をつかんだ。追う展開には慣れていた。2球で追い込まれたがファウルで粘り、6球目の抜けた球が背中に当たった。痛みは感じなかった。「よっしゃ!」。ベンチに向かって雄たけびを上げ、一塁へ走った。

 捕手としてもチームを支える大黒柱。先発完投型の柱となる投手がいないなか、香川大会からベンチ入りの5人の投手をリードしてきた。右左、学年もバラバラの投手たちの特徴を把握し、巧みに操った。

 捕手としての信条がある。「抑えられたら投手のおかげ。打たれたら自分のせい」。自分に厳しく、試合直前まで相手打線の特徴を頭にたたき込み、配球も考え抜いてきた。

 この日は、三回に3点を失ったものの、ビッグイニングを作らせず粘り、目標としていた5失点以内に抑えた。長尾健司監督は「最初は叱ってばかりだったけど、最後は完全に任せられるほどに成長してくれた」と手放しでねぎらった。

 最終回はあと一歩及ばなかったが、山崎君の死球の直後、敵失などで2点を挙げる高商らしい粘りを見せた。8強入りはかなわなかったが、相手校の校歌を聞く山崎君の表情は晴れやかで、涙はなかった。「最高の仲間と本当に楽しく野球ができた。去年甲子園に行けなかった先輩たちの分も、2年間の思いをぶつけられたと思います」(谷瞳児)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ