スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

二松学舎大付、粘り及ばず

2021年8月25日09時00分 朝日新聞デジタル

 粘り及ばず――。東東京代表の二松学舎大付は24日、京都国際と3回戦を戦い、4―6で敗れた。一回に先取点を挙げたものの、エース秋山が3本塁打を浴びる苦しい展開。3点を追う九回、同点3ランで今大会初の延長戦に持ち込んだ。しかし、延長十回に2点を勝ち越され、初のベスト8進出はならなかった。

     ◇

 本塁打を3発も浴びたのは初めてだった。二松学舎大付のエース秋山正雲(3年)は六回、勝負球の直球をとらえられ、連続本塁打を含む6安打を打たれ3失点。九回裏に仲間の3点本塁打で同点に追いついたが、延長十回、再び直球を左翼線に打ち返され2点を奪われた。試合後、秋山は悔しさをにじませた。

 思えばずっと、兄の背中を追ってきたように思う。兄の龍正さん(21)は3年前、八戸学院光星(青森)の捕手として甲子園に出場。当時、中3だった秋山が甲子園へ強く憧れるようになったのはこの時だ。

 小中学校と、兄と同じチームでプレーした。同じ高校に進む選択肢もあったが、「市原勝人監督に声をかけてもらって」。130前後のチームが競う東東京大会。自分と同じ左腕で、選抜準優勝投手でもある市原監督のもとでなら、甲子園に行けると思った。

 最後の夏、東東京大会を勝ち進むたびに兄からLINEが届いた。「甲子園に出ないと意味ないぞ」。「言われなくても」と闘志を燃やした。そして頂点に立った。優勝後、甲子園出発前に会いに来てくれた兄は、今度は「俺と同じ2回戦まで来ないと」。自分の中で「絶対に超える」という思いが強まった。

 厳しい言葉しか言わなかった龍正さんだが、ずっと弟を気にかけている。「小さい頃から、すごい球を投げていた」。小学生の頃、野球を始めたばかりの小1の弟の投球を思い出す。プレーを見たのは小学生まで。それでも公式戦で見る姿や、LINEや電話で野球について話すやりとりから、地道に努力しているのがよく伝わってきた。「持ち味を貫ける投手になった」

 兄弟の甲子園での結果は同じ1勝1敗。試合後、秋山はプロ志望を表明し、「チームに愛され、頼られる。『こいつが投げたら大丈夫』と思ってもらえる投手になりたい」と語った。そして「兄から学ぶことはたくさんありました」。龍正さんは大学でプレーを続ける。弟に「今日の課題を次のステージに生かしてほしい」とエールを送った。(御船紗子)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ