スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

京都国際、24日に二松学舎大付と対戦 監督にきく

2021年8月24日09時00分 朝日新聞デジタル

 第103回全国高校野球選手権大会で京都国際は、夏の甲子園初勝利をあげ、24日の第1試合(午前8時開始予定)で、二松学舎大付(東東京)と対戦する。京都国際の小牧憲継(のりつぐ)監督(38)と、二松学舎大付の市原勝人監督(56)に、それぞれの担当記者が相手校の印象や、意気込みなどを聞いた。紙面対談の形で紹介する。(吉村駿、御船紗子)

     ◇

 ――京都国際は前橋育英(群馬)と、二松学舎大付は西日本短大付(福岡)との初戦を制して3回戦に進出。振り返って

 小牧 相手は好投手だったが、4番の中川が一発で甘い球をしとめてくれた。試合の間隔があき、打線も投手も本調子じゃない中で、1点を守り切れたのはよかった。

 市原 粘り強く選手たちは試合してくれたと思う。秋山の頑張りが全てという感じ。打線は相手が好投手だったので、点数が取れなかったのは当たり前。自分たちらしい戦いができた。

 ――3回戦の相手校の印象は

 小牧 主戦秋山君の印象が強い。ベース上で球がすごく伸びる。

 市原 森下君が良い。好投手だ。次の試合も点は取れないと思うので、我慢比べだと思う。

 ――警戒する選手は

 小牧 投手ではもちろん秋山君。打者は3番の瀬谷君、5番の浅野君を警戒だ。特に5番の浅野君は勝負強く、ストレートも変化球も対応できる。秋山君は打撃も良く、彼の前に走者を置きたくない。

 市原 キャッチャーの中川君と主戦の森下君を警戒している。中川君が打てば、捕手としてのリードも良くなってくるから、打つ、投げる、守る全てにおいてこの2人を警戒する。

 ――現在のチーム状態は

 小牧 22日の練習をみていると、やっと良い感じの動きが守備でも打撃でも出てきた。特に5番辻井の打撃の状態があがっている。

 市原 (勝って)ホッとしたところもあり、中だるみしないように日々仕切り直している。精神的にも肉体的にも充実していると思う。

 ――理想の試合展開は

 小牧 秋山君から簡単には点は取れない。大学生や社会人レベルの投手だと思う。ロースコアの展開で終盤までなんとか食らいつき、ワンチャンスをものにしたい。

 市原 相手は好投手。なかなか点は取れないだろう。ワンチャンスを生かし、守って勝つ感じだ。3点とって、秋山が2点以内に抑えてくれるのが理想。

 ――意気込みは

 小牧 低く強い打球を徹底したい。選抜では東京のチームに2回戦で悔しい負け方をした。なにがなんでも勝つという気持ちを強く持って挑みたい。

 市原 過去の先輩たちの、夏の甲子園での成績を追い越せってことも、選手たちには言っている。ここからが勝負という気持ちで挑みたい。

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ