スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

夏の甲子園 三重が8強入りへ闘志 敦賀気比と対戦へ

2021年8月24日09時00分 朝日新聞デジタル

 大会第11日(24日)の第3試合で、三重代表の三重は3回戦に臨む。相手は福井代表の敦賀気比。8強をかけたこの試合は、初戦を完封勝ちし、勢いに乗る三重と、昨秋、今春の北信越王者の敦賀気比による熱戦が期待される。三重の沖田展男監督と、敦賀気比の東哲平監督に互いの印象や意気込みをそれぞれ聞いた。(岡田真実)

 ――相手校の印象は。

 沖田監督 監督の指示を徹底できるチーム。投手陣はコントロールが良い。

 東監督 まとまりがある良いチーム。つなぐオーソドックスな野球をする。

 ――警戒する選手は。

 沖田監督 3番の大島君と5番の前川君に、練習試合で打たれた。2人の前に走者を出さないようにしたい。

 東監督 投手の上山君はコントロールが良い。彼の投球術にはまらないよう粘り強く攻撃していきたい。

 ――理想の試合展開は。

 沖田監督 競った試合になると思うが、無駄な点をやらないようにしたい。

 東監督 接戦になると思う。先手を取り、最後には追い越されないよう勝ち切れれば。

 ――鍵を握る選手は。

 沖田監督 投手がどれだけ抑えられるかだ。品川は福井を飛び出して三重に来た。負けられないという気持ちがあると思う。

 東監督 みんなが普段通りの力を出すことに期待する。打線はつなぐ意識を持ち、中軸がしっかりと返してくれる形をつくりたい。

 ――意気込みを。

 沖田監督 そんなに差がない相手。しっかり守ってなんとか接戦に持ち込んで勝っていきたい。

 東監督 3年生は最後の大会。一戦一戦上をめざしてやっていきたい。

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ