スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

高知中央女子野球部、甲子園で躍動 全国大会決勝で惜敗

2021年8月24日09時00分

 高知中央の女子野球部が「夢の舞台」に――。全国高校女子硬式野球選手権大会の決勝が23日、阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)であり、創部3年目の高知中央は0―4で神戸弘陵に敗れた。

 1997年に始まった大会は、25回の歴史で初めて甲子園球場が試合会場となった。高知中央の25人の登録選手は試合開始1時間前からグラウンドで練習をした後、控え部員とフェンスを挟んで円陣を組んで試合に臨んだ。

 2年生エースの和田千波留(ちはる)投手が100キロ台の直球と変化球を織り交ぜ、六回途中まで78球の粘投。一塁の氏原まなか選手や右翼の中野悠万(ゆま)選手らが堅守で支えた。五回には井上虹桜(ここ)選手、北條真由選手の連続安打で無死一、三塁の好機を作ったが、あと1本が出なかった。

 高知中央女子野球部は、室戸女子野球部を率いた西内友広氏が2018年に赴任して創部。部員は33人。(羽賀和紀)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ